国家統計局、7月の経済データ発表=専門家「内需促進が今後の重点」

2021-08-16 16:10  CRI

 国家統計局は16日、7月のマクロ経済データを発表しました。それによりますと、7月の全国の規模以上の企業(主要業務による年間売上高2000万元以上)による工業付加価値額は前年同月比6.4%増で、伸び率は2019年と2020年の同期を上回っています。2年間(2019年と2020年)の平均伸び率は5.6%でした。 

 社会消費財小売総額は前年同月比8.5%増の3兆4925億元で、伸び率は2019年と2020年の同期を上回りました。2年間(2019年と2020年)の平均伸び率は3.6%でした。 

国家統計局、7月の経済データ発表=専門家「内需促進が今後の重点」

作業員がフォークリフトを組み立てる

 1~7月の全国の固定資産投資額は前年同期比10.3%増でした。1~7月の全国の都市部新規雇用者数は822万人で、通年の目標の74.7%を達成しました。 

 中国政策科学研究会経済政策委員会の徐洪才副主任は、「中国経済は全体として、安定的な回復を続けている。主なマクロ経済データは予想通りであり、製造業投資の伸びが回復し、消費や対外貿易が好転し、物価は相対的に安定を維持し、雇用情勢は良好だ。経済構造は最適化を続け、経済成長の質が向上している。ハイテク産業とサービス産業の成長が速く、対外貿易は成長を達成した」と述べました。

 その上で、「世界経済の回復が常態化した後、成長が次第に下向きになるのは正常なことだ。中国経済は全体として、安定的に上向きを維持している。今後の重点は内需の促進だ」と指摘しました。(玉華、柳川)

コメント()

ラジオ番組
9月11日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王玉华
亚娱AG8 - 在线登录